バイト代

iconバイトの歴史と今後

バイトは正規労働ではなく一時的な所得を確保する手段としてかつては学生などを募集対象に行ってきたものです。

時間的な制約が少なく学業にもフィードバックすることが可能な家庭教師や塾といった教育関係の仕事はその中でも特にポピュラーなものとして行われてきたものです。

少子化や教育水準の上昇によって、バイトとして働く場合であっても今後はより高い指導技術や確かな学術知識、柔軟な対応などが必要とされることが予想されます。

*家庭教師や塾のバイトは時給が高い

家庭教師や塾のバイトは通常の仕事と比べてもかなり時給が高いです。誰でも行う事ができる仕事内容になっていませんし、学力や知識が必要になる為に高めな時給に設定されています。

その為他の方に比べて知識や情報をたくさん身に付けており、少しでも多くのお金を稼ぎたいと考えている方には魅力的なバイトになっています。

ただし地域によって、若干の時給の違いが発生していますので、求人をよく確認してから応募するようにしてください。

外人の先生

icon塾の形態のおすすめ

塾はマンツーマン方式の個別塾がおすすめできます。これは家庭教師にも言えることですが、マンツーマンで勉強をすれば、教師が生徒の分からないところを直接教えることができるからです。

生徒全員に一度に教えるより、教師と生徒、一体一で教えるほうが分からないところがあった場合、生徒全員に一人の生徒の分からないところを教えるよりも一生徒に集中して教えることが出来ます。

ただ、一生徒に一教師だと教師の人数が足りなくなってきてしまうので、大学生等に教師のバイトを頼む事が多いです。その場合、教師が未熟等のトラブルが発生してしまいます。

*バイトの説明

バイトとは、正社員としてではなく、ある一定の期間非正規社員として働くスタッフのことやそうした立場で働くことそのものを意味します。

一般的にバイトは大学生から始める人が多く、初めての職種として人気が高いのは塾の講師や家庭教師です。

なぜなら、これらの職種では彼らがそれまで積み上げてきた学習知識を活かすことができ、自分に近い立場の人を相手に親身になることができ、なおかつ比較的働く時間がフレキシブルで給料が良いからです。

教師

icon塾について

塾とは学校とは別に学生が勉強を教えてもらう機関のことです。

個人経営している所が比較的多く、月謝という形でお金を払うことで利用でき、主に定期テスト対策や受験対策をしていきます。

家庭教師のように一対一での場合や集団で教えてもらう場合があり、先生は基本的に一人です。

塾の先生はバイトの人もいます。大学生が雇われる場合が多く、生徒との年齢が近いこともあり、良いコミュニケーションがとれて効率的な勉強が促進されます。

*塾の歴史について

塾は、平安時代の貴族文化の時代に誕生しました。当時の文化の確立によって塾に通うことが可能な子は貴族階級だけです。

しかし、世が戦乱の時代になると教育などはそれほど重視されたわけではないので、江戸時代になってから拡大しました。

江戸は比較的に平和と呼ばれる時代なので内乱は多くなく、学問で知識を磨く余裕があります。

現在では昔のように階級も関係なく、先生が教えることに限らずアルバイトとして働いてる大学生なども教える時代です。